俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9巻

読み終わりました。面白かった〜♪


ていうか、読みながらニヤニヤが止まらなかった小説は久しぶりです。すっごく良かった、面白かったですよ。


というのはですね、正直前巻の第8巻が…読んだ時(id:hanemori:20110512)にもちょっと書きましたが、微妙な終わり方だったんですよ。ネタバレになるから書きませんが。
ぶっちゃけ、ちょっとどころか正直かなり微妙で、ほんとに。特に、ラストのほうで黒猫を発見して最後の場面になるまでの間が飛ばされてるとことか。もったいない…と思っていたのです。


だって僕の黒猫が…(以下自主規制)


でも今回は、それを補完するストーリ展開。展開というか、実は短編集なんですが。しかも京介以外のキャラの視点からというサプライズ。でも、それでいて短編をうまく繋いでいるんです。
時系列的にも、きれいに経過していきます。過去のお話にもうまくからめて、「あ、これあのシーンだ」「あ、ここでそのセリフ使いますか」みたいのがあったり。


最初の日向の話での残念な黒猫の姿とか黒猫の妹たちとの日常とか、兄二人の妹自慢とか、「マジキモイ死ね」の件(くだり)とか、笑いがこらえきれなかったですよ。帰りの電車内で読んでいて、危うく降りる駅が過ぎちゃうとこでしたから。ちょうど章が区切れてふっと本から視線を上げたら、電車が駅について「あれ、ここ何駅? …って、お、降ります降ります!」って慌てて降りました、みたいな。


…ちょっと恥ずかしい(汗)


しかも、さりげない小ネタ満載。一つだけネタバレで書いちゃいますが…いいですか? 読みたくない方はスルーしてください。ていうか、元ネタ知らなければネタバレにも何にもならないから、多分大丈夫だともうんですけど。


………


日向のセリフに、まさかの「結婚してやんよ!」が!


って、それ日向違い(笑)。別の日向の持ちネタやねん( ̄▽ ̄;) でも、ぜったいそれが元ネタだろうなあ(笑)、そのあとのツッコミも凄かったですしね。


いやー、ネタバレになるからこれ以上は書けませんが、8巻で俺妹を見限ったそこのあなた! ぜひ、9巻を読んで戻ってきてください。新しいキャラも出つつ、「あれ、でも今まであなた出てなかったけ?」みたいな疑問が残りつつ、じゃああの人はいったい誰の姉妹? とか新たな人間関係や意外な繋がりも表れつつ…


個人的には、あやせがデレ過ぎだと思うんですけど、いかがなもんでしょうね。あれってもう完璧に(自主規制)じゃないですか?


だがそこがいい!


とりあえず、今からもう一度読み返してニヤニヤしてきます(まて)