咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第13局「混戦」

いよいよ、13話のネット配信が始まりました!


いやー、長かったです。12話があの終わり方だったので、いつか続きもやるだろうと思っていましたが。ずいぶん待ちましたよ。楽しみでしたよ〜。


そして待っただけの価値が! CMなしで本編が30分とか!! なにこの気合の入り方! もうそれだけでテンション上がってくるんですけど!!


そして13話! 超面白いんですけど!!


先日ぱらっと単行本で同じとこを読んだからこそ、「アニメではこういう演出にしたのか」とか、いろいろうまく表現されてます。原作はあっさりしてたとこをアニメでは細かく表現してたり。
とはいえ、アニメもまあテンポは速いんですが。「前半戦終了〜」とか聞くと「え、もう終わり? もっと見たい」というも思ってしまいます。


…いやでも待て。今回は30分使って次鋒戦と中堅戦の途中までか。そう考えると試合内容は意外にぎゅっと詰まってたんでしょうか。登場キャラが多いから一つ一つのシーンが短く、展開が速く感じるだけで。
だって、阿知賀メンバーの僕のお気に入りベスト3の灼ちゃんの出番が(泣)。まあ副将戦に期待ですね、ボウリング打法(?)は。


しかし今回のラスト、なんでしたっけ「ハーベストタイム」ですか? ここまでくるともう「この麻雀なんでもありだな」って感じなんですけど(笑)。意味がわかりません。そんなオカルトありえませんよまったく。ただの積み込み…よりひどい。
シャープシューター」も、よくわかんなかったですけどね。悪待ちという意味では清澄の部長と同じですけど、それを狙った相手からって…? ツモったらどうするんでしょう。他の人から出た場合は?


これはあれですね。咲-Saki-阿知賀編の麻雀ゲームがどうなるか楽しみですね。全員の能力が公開されてからだとすると。ゲームがもし出るとしてもアニメ終了後でしょうけど。前作のゲームは結局未入手なので、阿知賀編の麻雀ゲームはぜひ入手してみたいです。
いや、むしろアニメ化決定したらしい「咲-Saki-全国編」を、いつかゲーム化して欲しいですね。隠しキャラで、解説やら監督やらやってる年上のお姉さま方も登場させて…って総勢何人出てくるゲームになるんでしょう(笑)
夢はふくらみます♪


さて、公式サイトのニュースを見ると、次の14話のネット配信はおそらくだいたい一ヶ月後といったところでしょうか。そちらも楽しみに待ちましょう!