マイソロ3プレイ日記、八日目

トータル31時間。
昨日書いた通り、今日はシナリオをあまり進めずにほぼすべてサブイベントをプレイ。ウッドロウ・チェスター・チェルシー・リオン・ジェイが加入し、スタンとリッドとアスベルを修行で返り討ちにし、やっとフロア図から赤い「!」が消えました。あ、でもゼロス君はギルドに呼ばない方向で。面白そうだから後にしましょう(笑)
ちなみに本編は、リバースメンバーがギルドを一時離れたとこです。


そういうわけで、今日も気になるスキットの話から。


メンバーが増えたということは、スキットもどんどん増えてくるわけで。ウッドロウの後、さっそくチェルシーも加入。相変わらずの片思いに、ちょっと涙が…。
ウッドロウといえば、ソフィとウッドロウのやりとりはいいですね。なぜウッドロウなのかと思ったら、どことなくリチャードに似てるからでしょうか。
あとは王族繋がり関係のスキット、イリアとルーティの学校・孤児院建設トーク、ジェイをめぐる忍者(?)トークなど。だいぶバリエーションあるようですね。


今日一番の面白スキットは、アスベルに技の手ほどきをしてもらっているエステルのところに来たフレンとジェイドが…。特にフレン! いやむしろシナリオライター! なぜエステルにその役目とセリフを与えた! ひどすぎて笑いすぎて腹筋が(以下略)。これはひどいです、ほんとに…。中原さんに謝ってください!
ていうかフレンとアスベルの関係が隊長と隊員という設定なだけに、二人の会話に若干違和感がありますね。


スタン・リッド・アスベルとの腕試しの話。ついでに職業と秘奥義の話。


ガンマンがLv30を超えたのでさっそく海賊に転職しようと思ったのですが、今転職するとサブクエストにもこれからの本編にも響きそうなので、とりあえず秘奥義を覚えるLv45まではこのままガンマンでいこうかと思ってます。
それに、ガンマンなら遠くから撃ってるだけなので、上記の近接型剣士と戦うのは簡単ですしね。ツインバレット→アサルトバレットをうまく繰り返して適度な距離で撃って撃ちまくって楽勝です。…なんて、実際は近づきすぎて瞬殺されて、何回かロードしたんですけど(爆)


で、連れている女の子達のうち三人がLv45になって秘奥義を覚えたんですけど…CPUは使ってくれないんでしたっけ? 前作でもなんか悩んだ気がします。でも作戦にまだないみたいし、これからでしょうか。
じゃあ自操作でとまずマルタを使ったものの、秘奥義の出し方がわからなくてですね(おい)。これラタトスクの時はレイズデッドから出した気がしますけど、マイソロ3では戦闘不能キャラがいないと使えないみたいですし。上級術だとディバインセイバーはまだ覚えてませんし、そこまで待つってことはないですよね? もしかして奥義から? それとも普通の術でも出せる? 次回要検証で。
…せっかくの秘奥義なのに、ツカエナカッタ…。