デルフィニア戦記

そういえばこのシリーズについて語ったことがなかったなと思いまして、ちょっとだけ書いてみようかと。


大学時代の後輩に紹介してもらって読み始めたのですが、ほんとにこれ、何度も何度も読み返したくなる素晴らしい作品です。もちろんそのあとの、「スカーレット・ウィザード」「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」などなども読んでます。


各作品の詳細は省きますが、今日、なんで急にこの話題を出したかというとですね。ネットサーフィンをしてあれこれ調べていたら、デルフィニア戦記の、まさかの正統続編の話があることを知ったからなのです。
そうです、もう会うことはないと思っていた、リィとウォルのお話です。


ちょ、しかも結構前に出てるんですけど!?


先月は別の小説も買い逃してますし、最近の自分のアンテナ能力の低さにがっかりです。「世の中のことに対して、いろいろアンテナをたてて情報収集しておきなさい」と、尊敬する先輩に昔言われ、毎日いろいろチェックはしてるつもりだったんですけど……精度というか、範囲が狭いのかもしれません、アンテナの。


話が逸れましたが、個人的にはSFよりファンタジーが好きなので、スカーレット・ウィザード以降の作品や最近のシリーズよりは、やはり初代デルフィニア戦記の方が好きなんですよね。だからこそ、あの世界の続きが気になっていたわけなのですが……


とりあえず、今日はそういう本の存在を知っただけで、中身はまだ読んでません。近々、早急にチェックさせていただきます!