大図書館の羊飼い 第十一話 感想

いつも通り、感想というよりも気になったことを箇条(以下略)


・冒頭、前回のラストで部室にいた幽霊部員たちに、なんやかんやと追い出されてしまう図書部の面々。
・OP後、多岐川さんが羊飼いのメールを後ろ盾に、図書部面々にせまってきます。とりあえずアプリオに移動し対策を話す面々。部室はなくても俺たちが揃っていれば充分と筧の言葉。ミナフェスの準備を進めます。
・つぐみと筧、二人で歩いているところへやってくる小太刀さん。どっちが嫁なんだか正妻なんだか泥棒猫なんだか……見ていてニヤニヤしますね。
・玉藻がやってきて、生徒会がミナフェスに、生徒会主催のイベントをぶつけてくるとのこと。そして筧の脳裏によぎる未来、倒れている白崎と、驚いた表情の……これは多岐川さんですか? わざとではなさそうな表情をしてますが……。悩む筧に、小太刀の手料理……もとい、コンビにのおにぎりやお弁当。「せっかく用意したのに(以下略)」の言い方は可愛いんですけど、でも手料理ではないんですよね(笑)。そしてシリアスに「俺、羊飼いになろうと思う」と決意を告げる筧。驚く小太刀。そして、羊飼いになれるのはあたしかあんたかどちらかだけとボスに言われていた、と小太刀が明かします。小太刀が羊飼いになるために、筧が誰かと付き合ったりすれば、筧が羊飼いにならないだろうということで。
・魔法の図書館のナナイさんのところへ。筧が父親の話をしますが、まさかナナイさんが二人の父親……なんてことはないですよね? そして筧の本が消去され……。
・つぐみと玉藻が電話でお喋り、筧のセリフが思い出せないつぐみ。その理由に思い当たり、部屋を飛び出し筧のところへ。
・CM明け、雨に濡れた白崎が筧の部屋へ。部屋の中へ入り、ほんとの事を言ってと筧に詰め寄る白崎。そしてここでまさかのキス。筧さん、今のは避けてもいいんですよ? とマジレスしてみる。一瞬画面暗転からの場面転換……え、白崎さんが裸なんですけどそれはまさか(自主規制)。「私も連れて行って」と意味深なセリフをいう白崎。そして「筧君は、ハッピープロジェクトを信じてくれなかったんだね」と、痛いところを突かれる筧。
・場面変わって、筧の電話が鳴り「千莉が大変」と佳奈からの電話。慌てて千莉の部屋へ行く筧。そこには……ムードたっぷりの部屋に、ナース服姿の千莉が。ベッドに押し倒され、さらに佳奈もバニーガール姿で登場し、ベッドというか筧の上へ。なんですかこれ、このサービスシーン。羨ましすぎるんですけど(おい)
・なんとか振り払って理由を聞くと、筧を引き止めるためとのこと。今度は玉藻から電話があり、筧が生徒会と取引をしたといわれる。そして千莉が左腕に佳奈が右腕に、両手に花。ほんと羨ましい(おい)
・このことをきっかけに「私たち、誰も欠けちゃいけないんです」と佳奈。しかし筧はもう……。
・屋上で小太刀と、白崎を救う方法を探す筧。千莉がやってきて「ミナフェスの舞台で歌わせてください」と筧に。なるほど、ここで歌姫復帰ですか。目を閉じる筧にキスをする千莉。ただし、おでこに。そこは口付けでも良かったのに千莉ちゃん、とマジレスしてみる。
・小太刀がさりげなく新聞部へ情報リーク。千莉がミナフェスで歌うことが一気に広まり、「ハッピープロジェクト、ファイトー!」と気合十分の図書部面々。
・水結さんのラジオにお邪魔して、宣伝でもう一押し。しかも芹沢さんをミナフェス司会に!
・夕暮れの生徒会室で、一人ほくそ笑む多岐川さん。……を、こっそり影から見つめる望月さん。副会長の怪しい行動に、やっと会長が気付いたようですね。
・自室で練習をするつぐみ、撮り溜めしているデジカメの写真を見返して、筧を思い、そして叫びます。
・その筧は、白崎を助けるのに必死です。……ところで、こういう一人を助けるためみたいな理由で羊飼いになれるんでしたっけ? なんか、個人的理由ではどうのこうのって話が以前あった気もしますが……。そして、次回はいよいよ最終回!