失われた未来を求めて 第12話

例によって、見てすぐの一言感想です。


てっきりゆいのことを思い出して、ゆいが再登場する流れかと思ったのですが、そんなことはなかったです。でも、アニメオリジナルのはずのあの子がまさかの伏線でいろいろゆいについて思い出そうと、部室に語りにきたのはびっくりしました。てっきりモブキャラだとばかり思っていたので。まさかあんな重要な役割があるとは。


未来では佳織が無事に意識を取り戻し、これですべての謎も解決……いやいやいや、だからあの謎の箱はなんなんですか? 結局そこは語られませんでしたね。


最終回タイトルの「君のいる未来」はつまり、ゆいがいる未来のことや佳織がいる未来、二つのことを表しているのかなと推測。なんとなく見始めたアニメでしたが、2話や他何回かの作画以外は、非常に良い内容でした。


P・S ところで、愛理ちゃんがかわいそうな気がするんですが、このアニメ。ギャルゲアニメ化恒例(?)のお当番回もなく、佳織を思って奏に片思いのまま身を引き、結局思いは気づいてもらえないまま。しかも最後の病室のシーンでは、凪沙さんに止められてしまいますし……。
とあるギャルゲアニメのとあるメインヒロインの中の人がラジオで言ってましたが「愛理とはなんだったのか」って感じですね。僕は愛理派ではないですが、ちょっとかわいそうな気がします。


P・SのP・S 予想以上にシナリオも構成も面白く、これはぜひ原作もプレイしたいと思いきや……(察し)。無理そうですね。「水平線まで何マイル?」みたいに、コンシューマ移植でもいいんですけど……(察し)。残念。
仕方ない(?)ので、来期の視聴アニメは原作イラストつながりであのアニメ(以下略)