世界の終わりの世界録(アンコール) 5巻まで読了

今は6巻を読み始めたとこです。


……あれ、一日一冊ペースでゆっくり読もうと思ってたのに、どういうことでしょう(^-^;)
先が気になって、気付けば今日は一日中クーラーの効いた部屋で読書でしたよ。


ここまで気になること、その1
ちょっと主人公が強すぎるというか……いや氷結鏡界のように最初から主人公が最強クラス、という強さではないのですが、それにしては強敵をうまいこと倒しすぎというか1巻2巻あたりはまだしも4巻5巻あたりの敵はラスボスクラスなわけで戦いの過程やら結果やらが……どうなのかなと。
読み手の好みの問題なので決して悪くはないのですが、しかし黄昏色の時も世界ナンバーワンではなく世界オンリーワンの能力を持った主人公が成長していく物語だったことを考えると、それと似た今回のストーリーにもだんだん惹かれていくんでしょうか、自分(謎)