面白い物語は

何度読んでも面白い! 何度でも読みたくなる!
そして「自分もこういうのが書きたい!」と創作意欲が沸く!


創作意欲ゲージが高いうちは執筆も進むわけで、意欲が下がったらまた面白い物語を読んで……と繰り返せば理論上はさくさく書けるはずなんです。少なくとも10年くらい前は多分そうしてたはずなのです。


最近は面白いものも面白くないもの(?)も手当たり次第読んでるから、イマイチ意欲アップに繋がらないかもという仮説を立てて、久しぶりに懐かしい物語読んでたらですね。


沙夜ちゃんが可愛いすぎて(以下略)