シャールの不在?

たちき「あれ、シャール? ……いないの? 珍しい。って、書き置きあるじゃん。えっと……」
シャール『ちょっと集中したいので、ガーデンに篭ります。心配しないでください』
たちき「だって。ちなみにガーデンっていうのは、正確にはエメラルドガーデンって言って、見た目は緑色の宝石で、大きさは片手で握れるくらい。どういう理屈かわからないけど、シャールはこの中に入って過ごすことができるみたい。しかもマンガとか持ち込んで読書したりとか、最近はどうやってるのかわからないけどネットしたりとかもできるみたいで。シャールは自分のことを、電子の妖精じゃなくてリアルの妖精って言ってたけど、ほんとかどうか怪しくなってきた。……ってなんで僕は独り言を言ってるんだろ。ってか誰に説明してるんだか……あ、書き置きの続きがある」
シャール『P・S 私がいないからってブログ更新さぼらないでね。私の代わりにブログジャックしといてよね』
たちき「ってブログジャックも何もここ僕のブログなんだけど。ていうかなんで本題は丁寧口調なのにP・Sから先はフランクなのか。わからなくもないけど、そこはキャラクター統一してくださいよシャールさん。……っと、今日の更新はこれだけ書けば充分かな。しっかし、何やってるんだろシャール」